保湿クリームの効果

乾燥肌対策は簡単ではない

年齢を重ねるにつれてお肌が乾燥しやすくなってきました。今までも顔を洗って化粧水をたっぷりつけてと、お肌の保湿を心がけていたつもりなのですが、まだまだ何かが足りなかったようです。
特に乾燥しているのは顔の真ん中から下半分にかけてです。若い頃はお風呂から出てくるとお肌は水分を含んでプリプリしている時間が長く続いていたのに、今ではあっという間に水分が飛んでカサカサになってしまいます。
これまで以上にしっかりとしたお肌の保湿対策が必要になっているようです。あまりいろいろな化粧品をつけるのはお肌に負担になりそうなので、シンプルなケアを目指しています。まず顔を洗ったら、化粧水をたっぷりつけてお肌に浸透させます。しっかり浸透させるために、キッチンペーパーなどに化粧水をしみ込ませて簡単なパックをします。
その上からラップで水分が蒸発しないようにラップパックをして、しばらくそのままにします。ラップパックをすると、自分の体温でお肌が温まるので、化粧水の成分がしっかり肌の奥の方まで届く感じがします。その後は、保湿成分のある美容液をしっかりしみ込ませます。
化粧水でお肌が潤っていると美容液も浸透しやすいようです。そして、最後にクリームや美容オイルなどの油分をやさしくぬって、水分がお肌から逃げないようにしっかりとフタをします。これで充分潤いのある肌になるのです。毎日続けてシンプルなケアでも保湿されて乾燥に負けない肌をめざしています。

 

肌のくすみと保湿クリームでの改善について

 

前にも書きましたが肌のくすみはいろんな原因が考えられます。ぱっと思いつくだけでもかなりのことがあります。
ではそれぞれの対策をすれば改善するかというとそれは分かりません。実はそれ以外のことが原因になってることもありますので。
いずれにしても、保湿クリームは塗ると思います。シミのケアのためにも、そしてニキビ予防のためにもなると思うからです。
乾燥肌とくすみ対策の保湿クリーム
しかし、なかにはあまりにも油分が強すぎるのかベタベタ感がすごいのもあります。つけるだけで不快になるし、逆効果になりそうな気がします
ですので、サンプルとかトライアルがあるものから選ぶようにしています。

 

保湿クリームだけでなく生活習慣の改善も含めた乾燥肌対策が良さそうです。
結局何か一つの方法だけに頼るというのは無理があるのかもしれません。