シミと紫外線

シミとメラニンと紫外線

シミが出来る仕組みというと、紫外線がお肌に当たると、チロシナーゼという酵素が働き、メラニン色素を生成するという感じだったと思います。詳しくは覚えていませんが。
濡れたままの髪の毛ってよくないって聞いた。健康な肌の角層には約20〜30%の水分が含まれているが、これが20%以下になることを「乾燥肌」と呼ぶらしい。たとえば美肌の為の食事といえば、「野菜でビタミンたっぷり!」と思いがちだが、ビタミンだけを摂取しても肌は生き返らない。不味くなかったらいいけど、味に敏感なところもあるので注意したほうが良さそうだな。クエン酸の酸味で食欲のない夏やバテ気味の時などにはもってこいの食材なのだ。鼻の頭の毛穴に詰まった皮脂って、よーく見える。そして体を温める生活習慣も是非この機会に身に着けたい。夏も終わり秋になって、さらに食欲が増えてきたように思う。同じ美肌成分を使うなら、最も高い効果の出る方法で使用したいものだ。ビタミンB2を豊富に含む食品はレバーやうなぎという。DVDで十分というやつだ。美しい肌を作るためにはまず肌の仕組みを知ることから始めなければ!と言うコトで、今回初めて知った事実なのだ。それい以来ずっと読書が趣味になってる。
紫外線の対策というと、若い頃は全然してませんでした。慌てて今はしてるのですが、実は、若い頃に浴びた紫外線の影響が突然現れることもあるんですって。ということは、今からしても遅いということでしょうか?でもそうでもありませんね。今からでも、美白化粧品なりピーリングなりで対策することで、今あるシミを薄くしたり、これからのシミを濃くならないようにしたりも出来るかもしれません。
もちろん食事や睡眠が重要なのは間違いないと思いますが、それでも紫外線を浴びないようにすることもとても重要なんですね。スポーツなんかを外でずっとしてるとそれだけ紫外線も浴びてるでしょうから、ケアもきちんとしておきたいところです。
シミとメラニン色素